世界の出来事

、                                              世界のニュース
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト







上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9.25 日本と原発契約を交わしたトルコ。あり得ない津波がトルコを襲う。拝金主義 vs 原発 







日本と原発契約を交わしたトルコで、
9月25日に地震では無い、原因不明の津波があったらしい。

日本では報道あったのかな。

まぁ、報道したとしても、「親日国が被害に!」という報道では無いことは確か。

一度も見てないし。。。




最近では、陰謀論やイルミナティ?フリーメイソンやら宇宙人説なんかw
よくわからん組織の茶番もあるようだけど。

ハッキリしている部分として、この日本の報道制限に不満がある。

なぜなら、トルコの炭鉱事故であんなに報道してたんですよ???


http://youtu.be/S66i9SnOdhc

なのに何故???ってなりません?


はぁ、解毒するか・・・

一応、いろいろと陰謀めいた話や、知ったか論に胸やけしている人も居ると思うのでw その方々に言い訳するとしたら、

別に日本に対して反政府みたいな考えや、人道を踏み外した日本国の策略だ!
なんて事を考えている訳でもないです。組織の洗脳を受けてる訳でもありませんw

ただ、日本は断片的な報道が多い。日和見主義なのか知らんけど、
不透明だし、無責任な報道で誤解を与えていると思っています。
報道体質が露呈した例: http://youtu.be/h6lEi8FWhNs

だから、「真実の中で幸福追及する為」にも、
必要な情報だから考える・見極める必要性に迫られているので書いています。
胸糞悪かったらすいません。


「過去の日本技術・産業経済発展を見習う親日国トルコへの原発推進」

まず、国にとってなぜ原発が必要なのか。

「政治利権が!」「デリバティブが!」と話題がありますが、
声の大きい・実力者が実権を握ります。この類には私腹が良く絡むのは事実。

でも、その話は一部であって、国の意図として大きな理由があります。

それは『国の経済独立』にあります。
(「はぁ?」ってなる人もいるかもしれませんがw馬鹿なりに考えますw)

日本は過去に大きく経済発展をしてきた。

その要因として、産業・技術の発展。

この産業技術には、莫大な動力エネルギーと安定供給が不可欠なのだが、
そこで大きく貢献したのが「原発エネルギー」にある。

エネルギーには様々な形態があり、日本国民が生活する上で活動してきたのは、
燃料系エネルギーと、原発エネルギーだった。

原発(自国)
②燃料系(輸入) http://www.kepco.co.jp/corporate/energy/thermal_power/fuel/
③その他(風・水)等のエネルギー

当然、産業・技術にエネルギーを安定供給する為には、通常の生活に必要なエネルギー以外に更なるエネルギーが必要になる。

そこで、やっぱり実力を発揮するのが原発。

だが、リスクが高い。毒を永遠と管理しなくてはいけないんですから。

それを技術力でカバー・維持し、発展させてきたのが日本でもある。

また、その次に貢献してきたのが、予備的な位置にあった火力など(燃料系)

そして今、世論としては反原発な訳で、
即時にエネルギーを配給するならば、燃料系が主流になっている。


そこで、②燃料系エネルギーの話

資源の無い日本。
輸入に依存した燃料系エネルギーで、産業・技術に利用が主流に。

一般からみれば、ガソリンの値段だけど。

15年前のガソリン代は78円です。現在レギュラーの値段は倍。
ガソリン代 高騰

http://megalodon.jp/2014-1012-0257-56/i.imgur.com/pXV57Fp.jpg

国に変換したら、とんでもない高騰ですよね(-。-;)

現代になり、ここでまず着目するべきポイントもあって、

A、化石資源は毎時生成され無期限という説。

もうひとつが
B、化石資源が使用されることで、衰退しているという説。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1051428080

今市場では、後者の「B,衰退説」が通っている事から、値段が高騰しているらしい。

だが、ガソリンに代わる人工のガソリンも既に存在する。

 ↑ であれば、このような代替エネルギーを進めていけば、沢山抜け道はある。

だが、燃料エネルギーの技術発展は微量で数十年前とほぼ何ら変わらず。

「資源が衰退する!大変だ。ガソリン高くするね。」

となっている。

今の日本は原発のエネルギーも無い。資源も無い状況下で輸入し続けるしかない。。。

火力発電(燃料系)のネックはここにもある。

化石エネルギーがヤバいなら、長期戦略でもいいので代替エネルギーにシフトすればいい。
代替エネルギーへの変換を公表して、それに向け民意を意識付け報道してすすめればいいのに、なぜか化石燃料系エネルギーに依存する展開を放置している。

だが、完全に切り替わってしまって良いのかというと、それもまた然りで燃料ベースのエネルギーのガスなどの利用は、世界中にも浸透し、民から国、更には、輸出国へと経済システムも構築されている。

これをいっぺんに変換するとなると膨大な支出と、資源・労力・リスク対策が必要になる。

これはまた輸出する側が有利な状況でもある。
(様々な学者の説を作り、世論に浸透させればという節も・・・)

代替案は、上記の※(②原油輸出国の売上)に大きく関わりが出てきます。


で、輸出元が拝金主義だった場合の話。

「こんな旨味のある収入源が無くなってしまう」と考えたら何をするでしょう。

無期限説の話が事実であっても、有期限説を世論上で成立させ、そのままガッポガッポとも出来る。
人工的に類似のエネルギーが生産出来るのなら、混ぜる事も可能。

現在、インターネットの普及で露呈してきた情報には、輸出国と関わりのある企業・人物は、莫大な富と弁護力を着けた企業・政治・国への発言力・権利がある事がわかった。

その折、拝金主義という情報もチラホラ。

それならば、自分の収入源を維持するためには、なにをするでしょう。

ここから、俺にとって胸糞悪い過去の悲劇の出来事、展開が浮き出てくる。

おっとっと、暴走しちゃった。戻す。


そこで、やっぱり出てくるのが原発。

他国から見た日本というのは、

原発エネルギーを「配給するシステム」自体は安定している様に見えるだろう。

そして、原発は産業・技術にとって、大きな保険・安心と貢献にもなる。

ここから、エネルギーの一部を原発の能力で補い戦力に!という図式が出てくる。

原発がある事によって、相手の言い値であった輸入に依存せず、エネルギー運用が可能。

また、エネルギーを産業活用、経済への進展と成長を具現化する為に今一番必要な日本のエネルギー配給システム。

そして、高い技術と、経験のある日本が信頼のある先駆者ともなり、

原発やる?→ 是非とも!

となるのである。




つまりは、

資源の有限を悪用した拝金主義 vs 毒を技術力で補い、拝金主義と少しでも離れたい原発推進


という図式 にも思えるのです。

http://matome.naver.jp/odai/2141292906933598201

関連記事
スポンサーサイト

【 2014/10/12 (Sun) 】 これホントっ!? | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

リンク

スポンサードリンク
RSSフィード
ご登録お願いします
有名ブログさん
http://blog.livedoor.jp/posteibei/
test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


http://www.kakuyasukeitai.info/
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
選択する:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-


アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
581位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
264位
アクセスランキングを見る>>

#rank#位#
#arrow#
#thumb# #sitename# #in#pts#
#comment#



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。